OPNDR特定非営利活動法人 神経発達症研究推進機構 OPNDR

メールマガジン登録 お問い合わせ

STAFF

いせ ゆかり

伊勢 由佳利

ISE YUKARI

Profile

研究および社会活動の概要

自閉スペクトラム症者のストレスについて、主観的な指標(自己記入質問紙等)と客観的な指標(唾液中ストレスホルモン、心拍等)の両面から調べています。自閉スペクトラム症は対人関係の難しさや興味/行動の限局といった障害特性があり、これらの特性は日常生活の困難さにつながっています。実際の生活場面において自閉スペクトラム症の方のストレスが高いことはよく知られていますが、自閉スペクトラム症者を対象としたストレス研究は多くありません。また、自閉スペクトラム症の二次的障害として不安障害等の社会不適応状態が起こることが指摘されていますが、ストレスはその誘因の一つと考えられています。自閉スペクトラム症者のストレスの軽減を目指し、彼らの社会適応につなげたいと考えています。

キーワード

自閉スペクトラム症、ストレス、ストレスコーピング、ストレス認知的評価、認知的柔軟性

略歴

学歴
2007年 武庫川女子大学文学部教育学科卒業
2009年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻修士課程修了
2013年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻博士課程卒業

職歴
2009年 日本学術振興会特別研究員 (DC1)

学位・資格・受賞など

学位
2009年 修士(人間健康科学)京都大学より授与

資格
2007年 小学校教諭第一種免許状取得 
2007年 幼稚園教諭第一種免許状取得
2013年 保育士資格取得
2019年 公認心理師資格取得

代表的な業績

伊勢由佳利・十一元三(2014).自閉症スペクトラム障害およびその傾向をもつ成人における不安を中心とした心身状態とストレスに関する研究.児童青年精神医学とその近接領域,55(2), 173-188.

伊勢由佳利・北口勝也・十一元三(2015)自閉症スペクトラム傾向とストレスコーピングの関連—効果的なストレスマネジメントを目指して−.武庫川女子大学教育研究論集,10,9-16.

伊勢由佳利・上床輝久・十一元三(2014).自閉症スペクトラム障害者におけるインターネット依存に関する研究.第55回日本児童青年精神医学会総会.浜松.

伊勢由佳利・上床輝久・十一元三(2015).自閉症スペクトラム特性と認知的柔軟性の関連-ASD者のストレス軽減に向けて-.第56回日本児童青年精神医学会総会.横浜.

伊勢由佳利・上床輝久・十一元三(2017).ASD傾向のある大学生の就労支援における心理的サポートの重要性に関する予備的研究.第56回日本児童青年精神医学会総会.奈良.

REPORTレポート

研究者一覧へ戻る »
PageTop